女性保険のやさしい選び方

女性保険やさしい選び方

スポンサードリンク

40代女性保険比較・選び方

自分の将来をまじめに考えた時の女性保険

 

40歳を超えると自分自身の体に不調を感じたり、
周囲に大病する人が出てきたりして
健康への不安を感じる頃ではないでしょうか?

 

 

特に、同年代で大病になった、病気で亡くなった。という様な話を聞くと、
「自分は大丈夫なのか?」と心配してしまいますよね。

 

 

40代になると女性ホルモンが徐々に減少し、
体にも老化が現れます。50代、60代を過ぎても健康を維持するため、
積極的に運動や栄養管理を行なっている人も多いと思います。

 

 

しかしどんなに健康に気をつかっていても
病気になってしまう時はなってしまう...。

 

 

健康管理はもちろん大切ですが、そんな将来の病気に金銭的に備えるため、
40代の女性は特に保険の加入や見直しの検討をすべきなのです。

 

 

しかし、40代女性と一口に言っても独身であったり、主婦であったり、子供の事、
働き方や、体調、貯蓄によって様々な要素がある年代。

 

 

女性保険に一律「これが良い」というおススメはなく、一人一人違ってきます。
なので、自分にあったプランを探す事が必要となってくるのです。

 

 

例えば、独身で子供もいない。というのであれば
死亡保障を減らして、生涯にわたる女性保険(医療保険)や
がん保険などに早めに掛け替える。

 

 

といった感じで、あなたの今後のライフプランを
総合的に考えた積極的な検討が必要なのです。

 

40代女性保険比較・選び方

 

しかし自分にあった女性保険の見つけ方、選び方なんてわからない。
という人がほとんどだと思います。

 

 

そんな時は保険の無料相談を利用するのがおすすめ。

 

 

本気で自分の将来のことをまじめに考え、女性保険を
選ぶ(探す)のであれば、無料相談を利用しないのはもったいないです。

 

 

保険の無料相談を申し込むと、
保険の専門家のファイナンシャルプランナー(以下FP)を
紹介してくれます。

 

 

FPは各生命保険会社の女性保険の保障内容を熟知。
相談者一人ひとり、それぞれのライフプランに沿った女性保険を
提案するプロですので、あなたにとってピッタリの女性保険を提案してくれます。

 

 

ちなみに、ある保険会社の営業マンからの提案だと、その保険会社一社だけの
提案ですが、FPであれば異なる保険会社の女性保険や
医療保険を一気に比べてその中から選りすぐりを提案してくれるのです。

 

 

そんなファイナンシャルプランナーを紹介してくれる
おすすめの無料相談はココ→【女性保険】の見直しなら”保険のビュッフェ”

 

 

いま入っている医療保険、ほったらかしにしていない?

 

また、40代の方は既に医療保険に加入済みの方が多い
とは思いますが、一旦加入してしまうと、多忙な日常に追われてしまって、
見直したり、検討するのがちょっと面倒...。なので、
つい「これまでと同じでいい」と思ってしまいがちです。

 

 

しかし「これまでと同じでいい」は「もったいない」
と思いましょう。近年(この10年間)
医療保険をとりまく環境は大きく変化しています。

 

 

ここ数年の間のインターネットの普及、規制緩和、
医療技術の進歩により生保業界に競争が発生し、
保険料の値下げ傾向が強まっています。

 

 

少なくとも7年以上前に契約した人は、見直し
又は再検討は必須です。

 

 

数年前までは、医療保険に対するユーザーの考え方も、
貯蓄性を持たせるものを好む傾向が強かった。

 

 

しかし、最近は貯蓄と保障を分けて考える人が増え、
それに応じて「掛捨て」の医療保険が主流になりつつある事も
保険料が安くなってきた原因の一つです。

 

 

掛捨てだとやはり「損」。と考える方も多いのですが、
この低金利時代では解約返戻金は旨味がありません。

 

 

それならば保険料が安くなった分を別な形で運用したり
現預金として貯蓄したり、その分を趣味などの楽しみに使った方が
良いのではないでしょうか。

 

 

とにかく医療保険に数年前に契約した方や、医療保障が
死亡保障の特約。という人は今が検討する良いチャンス!
       ↓
節約主婦の味方!保険マンモス

 

 

それでもやっぱり掛捨ては嫌!というかたは
使わなかった分だけ保険料が戻ってくる
東京海上日動あんしん生命の 「メディカルKit R」
又は、女性に人気のひまわり生命の「フェミニーヌ」はいかがでしょうか?

 

 

有名どころの女性保険(医療保険)を一覧にしてみました。
前提条件(2016年7月時点)

●入院保障1日5,000円  ●加入年齢:女性・45歳    
●保障期間:終身  ●1回の入院で最大60日
●上記の同条件で比較していますが例外は※印

保険会社 商品名 保険料(終身) 保険料(60歳払込)        特色1       特色2
オリックス 新CUREレディ基本 2,457円 5,504円 女性疾病等で+5,000円 -
オリックス 新CUREレディがん充実 3,992円 8,454円 女性疾病等で+5,000円 がん診断50万、通院1日5千円
オリックス 新CURE 2,342円 5,469円 七大生活習慣病時は入院最大120日   ※三大疾病は無制限 -
オリックス 新CUREがん充実 3,877円 8,419円 七大生活習慣病時は入院最大120日   ※三大疾病は無制限 がん診断50万、通院1日5千円
オリックス(がん) ビリーブ 基本 3,210円 6,683円 ※入院保障1日10,000円 がん診断100万円他
オリックス(がん) ビリーブ 通院保障 3,910円 7,983円 ※入院保障10,000円×入院日数、退院後の通院は60日まで がん診断100万円他
ひまわり 新健康のお守り 2,840円 5,904円 - 三大疾病保険料免除
ひまわり フェミニーヌプラン3 5,685円 - 女性疾病等で+5,000円 ※保険期間15年/※死亡保険金&生存給付金あり、1入院180日
アフラック レディースエヴァー 2,629円 6,489円 女性疾病等で+5,000円 -
アフラック(がん) レディースDays 3,672円 6,712円 ※入院保障1日5,000円、通院保障1日5,000円 ・女性特有がんは10年更新  ・がん(悪性)診断100万円1回限り
メディケア メディフィットA(女性専用) 2,875円 7,096円 女性疾病等で+5,000円 7大生活習慣病入院+60日/三大疾病入院は支払日数無限
メットライフ フレキシィ女性 3,177円 - 女性疾病等で+5,000円 祝金あり Drダイヤル
メットライフ(がん) ガードエックス 4,267円 - がん通院1日5,000円 がん診断50万円
東京海上 メディカルKit R 4,670円 - - 70才で払い込んだ保険料が戻る
東京海上 メディカルKit NEO女性 2,474円 - 女性疾病等で+5,000円 -
AIG富士 さいふにやさしい 1,987円 4,824円 - セカンドオピニオンサービス
アクサダイレクト 終身医療 2,015円 5,408円 - 豊富なオプションあり

<女性疾病等で+5,000円>と記載のある保険がいわゆる女性保険となります。

 

 

40代の女性保険のやさしい選び方

 

女性保険の選び方で最も大切なのは

 

自分にとって一番合っている保障内容を選び、

無駄な保険料の支払いをしない事です。

そのためには、プロのファイナンシャルプランナーが40代女性保険比較・選び方
中立的に女性保険のアドバイスを無料で行ってくれる
顧客満足度96%の保険マンモスがおすすめです!!

 

 

管理人もここで相談して女性保険の見直しをしました!
保険マンモスに実際に相談したページへ

 

 

また、どんなに優秀な「ファイナンシャルプランナー」も人間なので、
相性というものがあります。本気で自分の納得する保険に出会うには
複数のファイナンシャルプランナーさんとお話した方が良いです。

 

 

【女性保険】の見直しなら”保険のビュッフェ”さんもお勧めです。
女性保険のセカンドオピニオンとして、
無料相談できるFPさん、色々お試ししてみましょう。

 

 

全て、しつこい勧誘はないので安心して利用できます^^

スポンサードリンク

>>女性保険のやさしい選び方TOPページに戻る


 
トップページ 女性保険とは? 女性保険選び方のポイント 「保険マンモス」体験談 年代別女性保険選び方