女性保険のやさしい選び方

女性保険やさしい選び方

スポンサードリンク

20代女性保険比較・選び方

 

医療保険は社会人になったら検討しましょう

 

「20代に医療保険なんて必要ないでしょ」という声が聞こえてきそうですが、
あらゆる生命保険の中で社会人になったらまずは加入をお勧めしたいのが
医療保険であり、女性保険です。

 

 

その「理由」とは?

 

 

万が一の時の備えが他の年代と比べて、一番心細いから

 

 

病気やケガで入院費用や生活費が必要となっても、
十分な貯蓄があればなんとか対処できるものですが、蓄えが無いと、
健康面だけでなく、経済面でも大きな負担と不安が生じてしまいます。

 

 

貯蓄が少ない若い世代ほど、
女性保険(医療保険)が必要です!

 

 

20代の方であれば、一生涯保障がつく終身タイプに加入し、
払込期間を終身にすれば、比較的保険料が安いです。
終身タイプに一旦加入し、その後の社会情勢、自分の働き方、
貯蓄に応じで、随時見直していく。というのがおすすめです。

 

 

または、とりあえず10年定期等の保険料の安いものに
加入するのもおすすめです。そんなに負担にならないと思いますよ♪

 

 

もちろん女性保険の加入と同時に貯金をしていく
とうリスク対応も考えていきましょう。

 

 

また、女性の場合は20代から女性特有の
病気になるリスクも発生してきます。
女性特有の病気に対して手厚い保障になる
女性保険の加入も視野に入れると良いです。

 

 

有名どころの女性保険(医療保険)を一覧にしてみました。

前提条件(2016年7月時点)
●入院保障1日5,000円  ●加入年齢:女性・25歳    
●保障期間:終身  ●1回の入院で最大60日
●上記の同条件で比較していますが例外は※印

保険会社 商品名 保険料(終身) 保険料(60歳払込)        特色1       特色2
オリックス 新CUREレディ基本 1,887円 2,493円 女性疾病等で+5,000円 -
オリックス 新CUREレディがん充実 2,662円 3,488円 女性疾病等で+5,000円 がん診断50万、通院1日5千円
オリックス 新CURE 1,597円 2,203円 七大生活習慣病時は入院最大120日   ※三大疾病は無制限 -
オリックス 新CUREがん充実 2,372円 3,198円 七大生活習慣病時は入院最大120日   ※三大疾病は無制限 がん診断50万、通院1日5千円
オリックス(がん) ビリーブ基本 1,900円 2,550円 ※入院保障1日10,000円 がん診断100万円他
オリックス(がん) ビリーブ通院保障 2,300円 3,050円 ※入院保障10,000円×入院日数、退院後の通院は60日まで がん診断100万円他
ひまわり 新健康のお守り 1,831円 2,455円 - 三大疾病保険料免除
ひまわり フェミニーヌプラン3 4,748円 - 女性疾病等で+5,000円 ※保険期間15年/※死亡保険金&生存給付金あり、1入院180日
アフラック レディースエヴァー 1,804円 2,579円 女性疾病等で+5,000円 -
アフラック(がん) レディースDays 1,758円 - ※入院保障1日5,000円、通院保障1日5,000円 ・女性特有がんは10年更新  ・がん(悪性)診断100万円
メディケア メディフィットA(女性専用) 1,890円 2,663円 女性疾病等で+5,000円 7大生活習慣病入院+60日/三大疾病入院は支払日数無限
メットライフ フレキシィ女性 2,537円 - 女性疾病等で+5,000円 祝金あり Drダイヤル
メットライフ(がん) ガードエックス 2,229円 - がん通院1日5,000円 がん診断50万円
東京海上 メディカルKit R 2,985円 - - 70才で払い込んだ保険料が戻る
東京海上 メディカルKit NEO女性 1,819円 - 女性疾病等で+5,000円 -
AIG富士生命 さいふにやさしい 1,312円 1,883円 - セカンドオピニオンサービス
アクサダイレクト 終身医療 1,265円 1,864円 - 豊富なオプションあり

<女性疾病等で+5,000円>と記載のある保険がいわゆる女性保険となります。

 

 

若い頃に加入していれば、安い保険料のまま加入でき、
早くから万が一にも備える事が出来ます。

 

 

何歳から加入してもトータル的に保険料の総額は
そんなに変わらないので、遅かれ早かれ女性保険(医療保険)に
加入するのであれば若い頃から加入した方が良いです。

 

 

50歳60歳になってから加入しようとしても
健康上の問題で加入できないというリスクも生じます。

 

 

 

20代の女性保険のやさしい選び方

 

女性保険の選び方で最も大切なのは

 

自分にとって一番合っている保障内容を選び、

無駄な保険料の支払いをしない事です。

20代女性保険比較・選び方

 

そのためには、プロのファイナンシャルプランナーが
中立的に女性保険のアドバイスを無料で行ってくれる
顧客満足度96%の保険マンモスがおすすめです!!

 

 

管理人もここで相談して女性保険の見直しをしました!
保険マンモスに実際に相談したページへ

 

 

また、どんなに優秀な「ファイナンシャルプランナー」も人間なので、
相性というものがあります。本気で自分の納得する保険に出会うには
複数のファイナンシャルプランナーさんとお話した方が良いです。

 

 

保険のビュッフェもお勧めなので女性保険
セカンドオピニオンとして、無料相談できるFPさんも比較してみましょう!

 

 

とにかく無料で相談してくれるので、
利用しない手はありませんね!

 

 

上記でご紹介したところは全て、しつこい勧誘はありませんし、
「無料で相談してもらったし」「商品券もらったし」保険に加入しないと悪いのでは?
と心配する必要もないので安心して利用下さいね^^

 

 

それに若いうちからFPさんの様な保険の専門家に相談する事に
慣れる事は良い事です!自然とあなたをかしこくしてくれます!

スポンサードリンク

>>女性保険のやさしい選び方TOPページに戻る


 
トップページ 女性保険とは? 女性保険選び方のポイント 「保険マンモス」体験談 年代別女性保険選び方