女性保険のやさしい選び方

女性保険やさしい選び方

スポンサードリンク

「保険マンモス」に実際に相談しました。(FP2名が我が家に来ました) 

丁度、管理人が契約している生命保険が更新を迎えるという事と、
妻の女性保険の加入を検討していたので

 

相談件数6万世帯ということで、今なら
「アナタの保険、見直せば500万円安くなる」本プレゼント
という事もあり、前から気になっていた「保険マンモス」に
無料相談の申し込みを(WEBフォームから)しました。

 

「保険マンモス」に実際に相談してみました! 「保険マンモス」に実際に相談してみました!

 

その後、相談日程調整のメールを2、3回のやりとりをした後、
2012年の12月某日。ベテランっぽい中堅どころの男性と、
かわいらしい女性のファイナンシャルプランナー(FP)のお二人が
我が家にお見えになりました。

 

 

自分のお家に、みず知らずの方が来る。という事もあり、
最初は、若干の抵抗が心の中にあったものの、
お二人の人柄の良さもあり、和やかムードで相談スタート。

 

「保険マンモス」に実際に相談してみました!

 

相談をして初めて知ったのですが、
「保険マンモス」は保険のアドバイサー(FP)を
紹介する窓口で、今日家に来られたFP
の人達は保険マンモスに所属している人達ではなく、
あくまで保険マンモスと「提携」している会社に所属している人達
という事を知りました。

 

 

当初、私の相談の目的は
自分に更新を迎える保険があるけどどうしたら良いか?
妻の女性保険(医療保険)の検討しているがどれが良いのか?
子供保険に加入したが見直すべきポイントはないのか?
ざっくばらんに保険の事を聞きたい。というような要望を出しました。

 

 

「それでは保険の豆知識からお話しますね」

 

 

と言いつつ、マイノートを取り出した女性のFPの方の

生命保険の実態説明からスタートです

 

Q1.日本人の生命保険の世帯加入の割合はどれ位だと思いますか?
 という様な質問形式です。

 

 答えは、生活保険文化センター調査によると80〜90%だそうです。

 

「ふむふむ。多いのか少ないのか良く分からないけど次行ってみよう」

 

 

Q2.それでは加入している平均保険金額は?→A.2000万円から3000万円。

 

「結構みなさん多額の生命保険金をかけているんですね」

 

 

Q3.2000万円〜3000万円の保険の掛け金ですが、実際に保険金として
 加入者が受け取っている平均保険金額は?→A.その約10%

 

「ん?それって意外に少ないんですね〜」

 

 

Q4.2000万円〜3000万円の保険金額をそのまま受け取っている割合は?
 →A.3〜4%で、保険の享受している人はほとんどいません。

 

「そりゃ、保険会社が儲かるわけですね〜」

 

さらに説明は続いて
死亡率も例えば35歳の女の人が死亡する確率は0.48%のなので
35歳に死亡保険金をかけてもその年齢で死亡する確率は0.48%
なのでほとんどもらえてませんよ

 

「もしもの時の死亡保険ってホントに「もしも」なんですね〜」

 

日本人の平均寿命は男性79歳、女性が86歳なので、その時まで
死なないからいくら死亡保険金をかけてももらえる。という人は
少ない。という事が実態ですね

 

「まあ、それが生命保険の考え方ですよね。もしもの時のために
皆が掛け金出し合って困った人を救済する。という事ですもんね。
しかし、改めて実態の数字を聞くと、なんかスッキリしない。
なんか損している感、満載です。」

 

「保険マンモス」に実際に相談してみました!

 

 

次は生命保険の概要の説明です。

生命保険は大きく分けて基本は3つです。
@定期保険(ある一定期間だけ保障される保険)というのと
A終身保険(死んだら必ず保険金が貰える保険)というのと
B定期付終身保険というのがありますよ。という説明。
CBに加入している人が圧倒的に多いですよ。という事です。

 

「私、Bです。このままだとマズイです」

 

 

次は保険証券の提示をしました。

@全ての保険証券を提出して写真を写されました。
Aとりあえず私が見直したいといった日本生命の概要の説明を頂きました。
「保険マンモス」に実際に相談してみました!

 

 

そして妻を交えて

家族の支出と収入のヒアリングです

やはり家計に占める保険料という観点から総合的に
アドバイスしたいという事なので素直にヒアリングに応じました。

 

まずは食費、外食費、光熱費、家賃、教育費がいくら等
の所定のシートの記入を依頼され、記入。収入と預金の
ヒアリングもされました。

 

また子供の教育費で公立なのか私立を希望しているのか?
という事も聞かれました。(ちなみに我が家は公立です!)

 

 

Q.どういう老後をお考えですか?等の質問もありましたが
  「なにも考えてません」でした。
  しいて言うなら「明るく元気な老後を!」です。

 

 

改めて我家の希望を伝えました

まずは更新を迎える日本生命の保険の見直し。
(いわゆる定期付終身保険です)
それに付随して
総合的にプランを提案して頂く。

 

また、わかりやすい医療保険(がん保険)に夫婦できっちりと
加入したい

 

学資保険も今まで疑いのない気持ちで加入していたがもっと別の
プランがあるのならば教えてほしいと依頼。

 

さらに現時点で我家が加入している保険はほとんど全てが知り合いから
加入しているので、

 

「解約した場合に、その知り合いの損になる。ならない?」
を尋ねたところ、

 

「加入後2〜3年していれば多分大丈夫」と聞いて、少し安心。

 

 

自分が良いと思っていた女性保険も聞いたみた

自分なりに調べていた女性保険で
私としてはオリックスの「キュアレディ」が一番いいと思っているの
ですがいかがでしょうか?

 

と探ったところ

 

「もっといい女性保険がありますよ!」

 

という頼もしい言葉に

 

自分で本を読んだり雑誌読んだりして研究する限界を感じました。

 

次回が楽しみです!!

 

で次回の日程を決めて二人はお帰りになりました。
今日のヒアリングで次回はどんな感じになるのか楽しみです。

 

無料相談2回目のページ
 ↓
「保険マンモス」から実際に提案を受けました!に進む

 

 

「保険マンモス」の特徴

複数の保険会社を扱っているので、いいとこどり!

保険会社は何も一社に絞ることは無いので、現在の家計の状況や
これからの方針によって会社のいいとこどりで総合的に保険料を
抑えた提案をしてくれます。

 

中立的な立場で本当に良い保険を勧めてくれます

保険マンモスが紹介する「ファイナンシャルプランナー」は
保険会社に所属する営業でないので、多くの保険商品の中から
自分にピッタリの保険を探してくれます。

 

しつこい勧誘はしません

保険マンモスは「イエローカード制」という独自の制度で
無料保険相談を受け付けてくれています。紹介された
「ファイナンシャルプランナー」がもし、しつこい勧誘をした場合は
専用の連絡先に報告しましょう。直ぐに対応してくれます。

 

相談実績も使用できます

保険マンモスは、加入時だけでなく、
保険の見直し時期や保険金支払等においても相談してくれます。
担当が不在だったり、いざ、「保険の支払いになった場合に対応しない」
という事はありません。加入後もその地域で長くお付き合いしてくれます。

 

 

驚異の満足度96%!保険マンモス

スポンサードリンク

>>女性保険のやさしい選び方TOPページに戻る


 
トップページ 女性保険とは? 女性保険選び方のポイント 「保険マンモス」体験談 年代別女性保険選び方