女性保険のやさしい選び方

女性保険やさしい選び方

スポンサードリンク

かしこい!女性保険(医療保険)の選び方〜説明編

かしこい!女性保険(医療保険)の選び方〜説明編

 

ファイナンシャルプランナーの無料相談や様々な
資料を検討してみて、よ〜く分かった事があります

 

 

生命保険の選び方で大切なのは、その人の年齢、
家族構成、収入、ライフプランや考え方に沿って、
自分にとっての必要保障額をある程度算出し、
様々な保険会社の様々な商品のいいとこどりをし、
組み合わせて総合的に選ぶ事。

 

 

A.一定期間に、死亡した時に保険金をもらえる掛捨てタイプ。
B.自分が死亡した時に必ず保険金ももらえるタイプ。
C.貯蓄性の高いいわゆる養老保険
D.入院した場合に保険給付金がもらえる医療保障タイプ。

 

 

主に上記のA〜Dの様なタイプの保険を
組み合わせる。という事です。

 

この「女性保険のやさしい選び方」では主に
医療保険の加入・検討に焦点を当てている訳ですが
この考え方を応用して医療保険の検討をしてみるのは
いかがでしょうか?

 

医療保険(女性保険)も、
「とある保険会社の医療保険を一つだけベストのものを探して選ぶ」
という事ではなく、
「各社の各商品を2つか3つを組み合わせてみる」という事です。

 

かしこい!女性保険(医療保険)の選び方〜説明編

 

医療保険の最低保障金額は大体、1日5,000円なので、
「1日5,000円の保障で十分」という人は組み合わせはできませんが、

 

 

入院保障は10,000円以上は必要だと思っている方は
様々な保険会社の医療保険を組み合わせて選んでみる
という方法です。選ぶ上での幅がぐーっと広がって行きます。

 

 

同じ保険会社の同じ商品で
保障期間を終身と定期で別々にしたり
払込期間を終身と定期に分けるのも
一つの手です。

 

 

もちろん、一つの医療保険の商品で日額10,000円の保障での
保険料よりも、別々の会社でそれぞれ5,000円ずつで加入した
方の保険料の方が若干高くなりますが、
「こういった加入の仕方・考え方もある」という事でご提案します。

 

 

それでは具体的な保険料などを見てみましょう!
>>かしこい!女性保険(医療保険)の選び方〜具体例のページへ進む

スポンサードリンク

>>女性保険のやさしい選び方TOPページに戻る


 
トップページ 女性保険とは? 女性保険選び方のポイント 「保険マンモス」体験談 年代別女性保険選び方