女性保険のやさしい選び方

女性保険やさしい選び方

スポンサードリンク

女性保険のやさしい選び方

女性保険の選び方で最も大切なことは

自分にとって一番合っている保障内容を選ぶ事。
無駄な保険料の支払いをしない事

この二つのポイントをクリアするには、保険にはカラクリがある
女性ならではの選び方のマル秘ポイントを知る必要があります!
女性保険のやさしい選び方<<元保険代理店勤務の管理人が損しない保険教えます>>

 

 

そして、プロのファイナンシャルプランナーが
中立的に女性保険のアドバイスを無料で行ってくれる
顧客満足度96%の保険マンモスをお勧めします。
管理人もここで相談して女性保険の見直しをしました!
      ↓

 

女性保険とは

女性保険のやさしい選び方<<元保険代理店勤務の管理人が損しない保険教えます>>

 

女性保険とは、通常の医療保険を基本として、

 

女性特有の病気の時などに、保障(給付金)が
上乗せされる女性専用の保険をいいます。   

 

女性保険のやさしい選び方<<元保険代理店勤務の管理人が損しない保険教えます>>

 

 

女性特有の病気以外の時や怪我などをした時でも
入金給付金などが受けられますが、
女性特有の病気などにかかった時には
通常よりも手厚い保障になります。

 

 

 

例えば、女性特有の病気である子宮がんや乳がん、
出産関連などで入院した場合には、通常の入院保障5,000円に、
女性疾病入院特約の5,000円がプラスされて計10,000円の
入金給付金が受け取れる。という事です。

 

 

 

盲腸の様に、男女関係のない病気や怪我などでの入院の
場合には、通常の5,000円のみの保障。という事になります。

 

 

 

有名どころの女性保険(医療保険・がん保険)を一覧にしてみました。

比較条件(2016年7月時点)
●入院保障1日5,000円  ●加入年齢:女性・25歳    
●保障期間:終身  ●払込期間:終身  ●1回の入院で最大60日
●上記の同条件で比較していますが例外は※印

会社名(がん) 商品名 保険料 特色1 特色2
オリックス 新CUREレディ基本 1,887円 女性疾病等で+5,000円 -
オリックス 新CUREレディがん充実 2,662円 女性疾病等で+5,000円 がん診断50万、通院1日5千円
オリックス 新CURE 1,597円 七大生活習慣病時は入院最大120日     ※三大疾病は無制限 -
オリックス 新CUREがん充実 2,372円 七大生活習慣病時は入院最大120日    ※三大疾病は無制限 がん診断50万、通院1日5千円
オリックス(がん) ビリーブ基本 1,900円 ※入院保障1日10,000円 がん診断100万円他
オリックス(がん) ビリーブ通院保障 2,300円 ※入院保障10,000円×入院日数、退院後の通院は60日まで がん診断100万円他
ひまわり 新健康のお守り 1,831円 - 三大疾病保険料免除
ひまわり フェミニーヌ  プラン3 4,748円 女性疾病等で+5,000円 ※保険期間15年/※死亡保険金&生存給付金あり、1入院180日
アフラック レディースエヴァー 1,804円 女性疾病等で+5,000円 -
アフラック(がん) レディースDays 1,758円 ※入院保障1日5,000円、通院保障1日5,000円

・女性特有がんは10年更新
・がん(悪性)診断100万円1回限り

メディケア メディフィットA(女性専用) 1,890円 女性疾病等で+5,000円 7大生活習慣病入院+60日/三大疾病入院は支払日数無限
メットライフ フレキシィ女性 2,537円 女性疾病等で+5,000円 祝金あり Drダイヤル
メットライフ(がん) ガードエックス 2,229円 ※がん通院1日5,000円 がん診断50万円
東京海上 メディカルKit R 2,985円 - 70才で払い込んだ保険料が戻る
東京海上 メディカルKit NEO女性 1,819円 女性疾病等で+5,000円 -
AIG富士 さいふにやさしい 1,312円 - セカンドオピニオンサービス
アクサダイレクト 終身医療 1,265円 - 豊富なオプションあり

いかかでしょう?大体の感じは掴めたでしょうか?
<女性疾病等で+5,000円>と記載のある保険がいわゆる女性保険となります。

 

上記の表は20代向けの一覧表です。他の年代をご覧になりたい&20代詳細版は
30代女性保険比較・選び方のページへ  40代女性保険比較・選び方のページへ
50代女性保険比較・選び方のページへ  20代女性保険比較・選び方のページへ

ちなみに、この「女性疾病等」というのは各保険会社で異なるので注意が必要です!!

 

 

女性保険の選び方

このサイトに訪れた方はきっと、

毎月の保険料が高い!見直したい!
知人が乳がんになった。自分も心配。
社会人になったことだし、医療保険(女性保険)でも加入しようかな。
結婚した。ダンナが病気で入院でもしたらお金がかかる。どうしよう。
数年前に加入した生命保険が更新を迎える。このまま更新しちゃっていいのかな?
最近ネット生命が話題。日本生命や第一生命など有名どころ

  じゃないところで加入しても大丈夫なのかな〜。

 

 

などなど、色々と考えたり、悩んでいるかと思います。しかし、
「保険料を下げたい」
「今の保険を見直したい」
「新規に保険に加入したい」と思っていたとしても

 

 

 

「医療保険(女性保険)に入るにはどうしたら良いか?」
「誰に相談したら良いのか?」が分からないので、
次の一歩に踏み出せません。というより、上記のように考えても、
結局「どうすれば良いのかわからない」
という事になりがちです。

 

 

 

中にはひたすら自力で分析・検討して自分にとってベストの女性保険
探し出す根性のある人もいるかもしれません。しかし一般の方は、おそらく、
そんな時間は無いでしょうし、たとえ時間をかけたとしても、難しいと思います。
       女性保険のやさしい選び方<<元保険代理店勤務の管理人が損しない保険教えます>>

 

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

 

数ある保険会社&保険商品の中から、
自分にとって一番良い女性保険を選ぶためには

信用できるプロの人に相談し、提案してもらう事です。

 

信用できるプロというのは保険相談の専門家のファイナンシャルプランナー(以下FP)の事。
FPさんはあなたのの収入や貯蓄。家族構成や社会保険の家族構成などをヒアリングし
あなたにあった最適な保険の提案をしてくれます。

 

 

私も同じようにしてFPに相談して安くて厚い保障の女性保険に加入する事ができました。

 

 

無料相談したら「必ず保険に加入しなければならないのでは?」
心配する人もいらっしゃるとは思いますが
決してそんなことはありません。

 

 

本当に女性保険の相談をするだけでも大丈夫です
まずは気軽に無料相談から初めてみませんか? ↓

保険のビュッフェ 保険マンモス 保険GATE

    無料相談は
    こちらがおすすめ!

  保険マンモス

   私、管理人はここでも

     無料相談しました!

    こちらもおすすめ。

 

保険マンモス、保険のビュッフェをおすすめする理由とは?

 

私は、生命保険と損害保険の代理店を兼務で行っていた
会計事務所に勤めていました。(10年位前です)
医療保険ももちろんお勧めして、契約を頂いた事も有ります。

 

 

しかしながら、本当にその勧めていた商品を理解して
本当にクライアントの為を思って、クライアントに勧めていたか?

 

 

「否」でした。

 

 

 

私が勤めていた保険の代理店は、大同生命・日本生命、
損保ジャパンの3社のみの保険を勧める代理店で、
ある時期になると、保険会社の営業から

 

 

「この商品売って下さい」

 

 

「今、契約してもらうと、おたくの会計事務所には
通常よりも高いマージンが入りますよ」

 

 

的な営業から始まり、簡単な保険商品の講習を受けただけで
一律にクライアンに勧める。と言った感じでした。
もっとつっこんで、正直にお話しますと、
あまり保険に詳しくないのに、商品を勧めていたし、
(今にして思えば)クライアントの事を親身になって
考えてもいなかった様な気がします。

 

 

このサイトに訪れたあなたは

そんな勧められた保険の契約をしてはいけません。

保険会社の人や昔ながらの保険代理店の人が勧めてくる保険は
ほとんどと言っていいほど、保険会社や保険代理店の都合です。

 

 

時代は変わりました。
自分自身がある程度、少し情報収集し、「あたり」をつけつつ
信頼できるプロに自ら相談するのがベストだと思います。

 

 

私は過去に自分が保険を販売していた経験と、保険マンモスなどの
無料相談や提案を受ける事によって自らそれを実感しました。

 

 

ちなみに
信頼できるプロとは「独立系のファイナンシャルプランナー」の事です。
「独立系」とはある特定の企業(保険会社の)専属ではないので
幅広い提案をしてくれます。

 

 

具体的には、「webサイト」や「来店型保険ショップ」で、
この「独立系のファイナンシャルプランナー」に相談します。
女性保険のやさしい選び方<<元保険代理店勤務の管理人が損しない保険教えます>>

 

 

賢い人の今時の「損しない女性保険の選び方」

 

管理人がお勧めする「保険マンモス」から無料相談申し込みを
すると、その「ファイナンシャルプランナー」を紹介してくれます。
管理人も無料相談して保険を検討して加入しなおしました。
実際に無料相談した体験談のページへ

 

 

 

また、どんなに優秀な「ファイナンシャルプランナー」も人間なので、
相性というものがあります。本気で自分の納得する保険に出会うには
複数のファイナンシャルプランナーさんとお話した方が良いです。

 

 

保険のビュッフェさんもお勧めです。保険のセカンドオピニオンとして、
無料相談できるFPさんも比較してみましょう!

 

 

また、保険見直し本舗さんも、女性保険のやさしい選び方<<元保険代理店勤務の管理人が損しない保険教えます>>
最近ショッピングモール等でも
良く見かけますし、安心して申込&相談できます。

 

 

ちなみに保険見直し本舗さんの
ファイナンシャルプランナーは90%が女性なので、
女性の方は特に相談しやすいかもしれませんね。

 

 

そして、最後にご紹介するのが、「マネモ」


「マネモ」は保険見直し相談ショップ自体を気軽に探せるサービスで、
検索サイトの様に利用できるつくりになっています。

 

保険の窓口、保険クリニック、みつばち保険ファーム、保険相談サロンF.L.P
など、提携10社ほど(全国1100店舗)の中から、探せることができるので、
保険ショップ選びに迷ったらこの「マネモ」を利用するのもおススメです。

 

 

 

相談する前に、女性保険(医療保険)の事をもう少し知りたいと思う人は
女性保険(医療保険)とは?のページ
女性保険(医療保険)選び方のポイントのページ
もっと詳しく!!医療保険の選び方のポイントのページ
女性保険は必要か?のページ
終身払いは得なのか?損なのか?のページへ、よろしかったら進んで下さい。

 

女性保険のやさしい選び方のページの先頭に戻る

 

女性保険とは?

ちなみに女性保険とは一般的には

女性特有の病気を担保する医療保険を言いますが、

女性保険のはっきりとした定義・商品はなく、

「女性が加入する生命保険」の総称といっても良いとも言えます。

当女性保険サイトでは主に医療保険に絞って紹介しております。

ご留意のほど、お願い申し上げます。

 

スポンサードリンク

>>女性保険のやさしい選び方TOPページに戻る


 
トップページ 女性保険とは? 女性保険選び方のポイント 「保険マンモス」体験談 年代別女性保険選び方